豊川はちみつ専門店「さんぽ道」&色づき始めた「大いちょう」

おうちのはちみつがなくなりそうだったので、豊川市豊津町にある、はちみつ専門店「さんぽ道」さんへ行ってきました。

JR飯田線長山駅から歩いて17分ほどですが、アクセスには、車が便利だとおもいます。東名高速豊川インターから、10分くらいです。お店の前に、駐車場がありますよ。

“はちみつ”のお店と“お菓子”のお店

キレイな芝生にお花、そしてかわいらしい建物。小窓のカラーはミツバチが飛んでいるよう!そのステキな空間は、まるで絵本の世界に入りこんだようです。

さんぽ道さんは、はちみつの販売とカフェが併設された「はちみつのお店」と洋菓子の販売をしている「お菓子のお店」があります。

お菓子のお店は、平日営業していないので、ケーキやお菓子が食べたい!というかたは、土日祝日におでかけしてくださいね。

はちみつ商品がずらり!季節ものも!

はちみつのお店のとびらを開くと、さまざまな種類のはちみつやオリジナル商品が並んでいます。

今回は、はちみつのほかにも、冬季限定の「千両さつま芋くり~む」を購入。豊川市千両地区にて、農薬不使用で栽培された千両さつま芋に、ヘアリーベッチの花のはちみつを加えてつくられた、さつま芋のはちみつクリーム。このクリームに、ミルククリームが合わさり、まろやかに仕上がっています。

トーストにそのままのせたり、焼いて食べたり。クリームをアイスと合わせて食べるのもおすすめですよ。

おやつに、「豊川千両さつま芋パイ」も買ってきました。翌日でも、レンジとトースターを使えば、パリパリ食感を味わえます。はちみつ付きなので、たっぷりかけて食べてみてほしいです。

カフェルームでまったりティータイム

買いものを終えたところで、ちょうどティータイム。カフェルームでお茶してきました。はちみつをつかった、ドリンクやスイーツがいただけます!

オーダーしたのは、ほっとできるようなやさしい甘さの「はちみつコーヒー」と6種類のスイーツがワンプレートでたのしめる「女王のスペシャルスイーツ」。

わたしは、なめらかでとろけるような「はちみつプリン」がお気に入りです。

こちらは、「ローズヒップティー」。ハーブティーには、砂糖のかわりに“はちみつ”がついてきます。

酸味のあるローズヒップティーにはちみつをいれると、まろやかになって飲みやすくなり、からだの芯から温まりました!

色づきはじめた、大和の大いちょう

お店を出ようとすると…、このチラシを発見。

11月19日(金)から12月5日(日)までの期間、16時~20時にライトアップされるとのこと。期間中の土日祝日には、ミニ物産展が予定されています。

さんぽ道から、「大和(やまと)の大いちょう」がある、大和ちびっこ広場までは、車で2分くらい。どれくらい色づいているかな~と寄り道してきました!

子どもが走りまわって遊べるような広場に、遊具もあります。そこで子どもを見守るように立っているのが、大きないちょうの木。すこしだけ黄色に染まっていました。

木の下は、おだやかな風とやわらかい太陽の光。おおきなやさしさに包まれているようです。

今月下旬から12月上旬にかけては、黄色一色になりそうなので、昼も夜も違った姿を見にきたいですね。

カフェでまったりして、大きないちょうにも出会えて、いい1日になりました!
季節ごとに変わる商品をお買い物したり、ティータイムを過ごしたりとみつばち村「さんぽ道」さんへ行かれてみてはいかがでしょうか。そして、紅葉シーズンには、「大和の大いちょう」へ寄り道してみてくださいね。

さんぽ道
住所:愛知県豊川市豊津町釜ノ口64-1
アクセス:JR飯田線「長山」駅下車 徒歩約17分
東名高速道路「豊川IC」から車で約10分
TEL:0533-93-7422
<はちみつのお店>
営業時間:9:30-17:30
定休日:毎週火曜・第1水曜
<お菓子のお店>
営業時間:10:00-17:30
※土日祝のみ営業
(現在、営業時間短縮中です。最新情報は、公式SNSにて確認ください。)

大和の大いちょう
住所:愛知県豊川市豊津町割田53-1(大和保育園裏)
アクセス:JR飯田線「三河一宮」駅下車 徒歩約20分
東名高速道路「豊川IC」から車で約10分
TEL:0533-89-2206(豊川市観光協会)