岡崎初上陸!“幻”!?の台湾カステラ専門店「つきとうさぎ」

台湾カステラを食べたいなとお店を探しても、なかなか近くに専門店がなく、ずっとできないかな~と思っていたところに…、
今年7月、岡崎市初となる、台湾カステラ専門店「つきとうさぎ」がオープンしました。

つきとうさぎの六ツ美店は、石窯パン工房「グランクレール六ツ美店」の一角にあります。
車で行くと、JR岡崎駅から、7分くらいです。期間限定で、籠田公園と市役所前にもお店があるそうなので、公式ホームページやSNSを確認してみてくださいね。

幻の台湾カステラを求めて!

本場台湾では、シフォンケーキとされる台湾カステラ。「焼きたてのケーキ」という意味があって、独特の食感とボリューム感が特徴だそうです。

以前、グランクレールさんで、台湾カステラを販売したときは、入手困難になるほどの人気で、まさに「幻」の台湾カステラとなったとのこと。その幻の台湾カステラをもとに、さらにおいしさを追求し、たどり着いた厳選素材と特別製法でつくられたのが、つきとうさぎの台湾カステラです。

お店に着いたのは、平日の13時くらい。前に1組のお客さんだけで、すぐに注文できたのですが、わたしが購入を終えると、何組かのかたが後ろに並んでいました。タイミングや日によっては、すぐに買えないことや売り切れのときもあるみたいです。

それでは、いくつかのメニューを紹介しますね。

映えそうなソーダ!?

フルーツ入りのソーダに、ホイップクリームがトッピングされた、白うさぎ(プレーン)と黒うさぎ(チョコ)の2種類のカステラがセットになった、「爽やかレモネードソーダ」と「恋するピンクソーダ」。
今回は、「恋するピンクソーダ」を!
フルーツが浮かんだ、ピンク色のソーダが、とても映えます。

見た目だけではなく、カステラの味を迷ったときに、2種類の味を試せるのがうれしいですね。
また、ボリュームもあるので、シェアして食べるのもおすすめです。

お店のとなりには、イートスペースもありますよ!
まわりには、あちらこちらにうさぎの置物があって、「あ、ここにもいる!」と見つけるたびに、カワイイうさぎさんに癒されます(笑)。お子さんと探しても楽しめそうです。

アイスサンドならぬ「つきうさんど」

最近、ようやく少し涼しくなってきた気がしますが、まだまだ暑い日もあり、冷たいものが食べたくなりますよね。
そんなときは、バニラアイスをサンドした、鉄板スイーツ「つきうさんど」!

最初は、少し硬いですが、徐々にやわらかくなっていき、クリームがとろけておいしいです。

焼印もカワイイ「台湾カステラ」

「白うさぎ(台湾カステラ プレーン)」は、おうちでゆっくり楽しみました!
少しずつカットして、台湾カステラのおいしい食べ方を参考に、いろいろ試してみました。
焼印が残るように、カットしてみると、つきうさんどもそうですが、このうさぎさんが何とも言えないかわいさ(笑)。

焼きたてのふんわり食感もいいですが、トースターやレンジで温めると、食感がそれぞれ変わるので、おもしろいですよ。
「白うさぎカスタード」は、冷やして食べてみました。

自家製のカスタードクリームは、ほどよい甘さで、しっとりとしたカステラにとても合います。
みなさんも、お好みの食べ方を見つけて、楽しみながら食べてみてくださいね。

たまごの優しい風味とやわらかなぷるしゅわ食感の“幻の台湾カステラ”をテイクアウトしてみてはいかがでしょうか。

つきとうさぎ 六ツ美店
住所:愛知県岡崎市赤渋町田中31-4
アクセス:JR東海道本線「岡崎」駅下車 徒歩約30分
愛知環状鉄道「岡崎」駅下車 徒歩約30分
東名高速道路「岡崎IC」から車で約15分
TEL:0564-54-0141(グランクレール六ツ美店)
営業時間:10:00-17:00(売り切れ次第終了)