バレンタインにも岡崎のチョコレート専門店「アンリュクス」

もうすぐバレンタインデーですね。バレンタインが近づくと、いろいろなお店でチョコレートが並び、自分へのご褒美としても、ちょっと特別なチョコレートがほしくなります(笑)。

今回は、贅沢な一粒のチョコレートを求めて、岡崎市井内町にある、パティスリー・ショコラトリー「AN LUXE(アンリュクス)」さんへ行ってきました。

落ち着きのある、シックなお店

JR岡崎駅から、歩いて15分ほどの場所にあります。車であれば、5分くらいです。お店の前が、駐車場スペースになっていますよ。

すこし緊張しながら、扉を開くと…、そこにはステキな空間が!ダーク系の木目をベースとした、落ち着きのある、シックな店内です。

すごい経歴のショコラティエがつくる“ショコラ”

アンリュクスのショコラティエである、青山さんは、最高級フレンチレストラン「タイユバン・ロブション」にて、ケーキ・ショコラを担当。2005年の愛知万博「愛・地球博」では、世界のVIPの主賓のデザートを担当されたそうです。

そんな経歴をもった、ショコラティエがつくりだす、“ショコラ”。

ショコラは、一粒ずつでも、セットでも購入することができますよ。

どれも宝石のように美しくて、おうちに飾りたくなりました。

こちらは、“タブレット ショコラ”。

ナッツやオレンジピールでできた模様がかわいくて、誰かにプレゼントしたくなります!

生菓子や焼菓子もそろう!

ショコラのとなりには、“生菓子”!ショコラに負けず、キラキラ輝くケーキたち!

以前、大人気で材料が間に合わずに売り切れていた、西尾産の抹茶をつかった、“抹茶オペラ”も復活していました。

そして、人気ナンバーワンの“スペシャル・フォンダン ショコラ”!

ぜひ一度は食べてみてほしい一品です!

“焼菓子”のコーナーには、さまざまなフランス菓子があります。

焼菓子のアソートもあり、おしゃれなギフトとして、つかえそうですね。

ラッピングには、時間がかかるので、予定が決まり次第、お店に連絡しておくのがおすすめです。

ラグジュアリーなショコラは、ひとくちのフレンチ

「アンリュクス」は、「一粒のラグジュアリー」という意味だそう。ショコラティエとしての技術を注ぎこみ、素材それぞれの個性を引き立てて、お菓子が仕上げられています。

ショコラは、“ピスタチオ(写真左上)”、“グランクリュ・ショコラ レ 33%(写真右上)”、“バナナ(写真左下)”、“モンブラン(写真右下)”を一粒ずつ購入しました。

それぞれのデザインを見ているだけでも癒されますが、さっそく食べてみます(笑)。

口のなかにいれると…、ほろほろととろけていくショコラのなかで、素材の香りがしっかりと鼻にぬける。すべてのこだわりが、“ひとくち”に詰め込まれた、まさしく、究極のフレンチです。

ケーキにもチョコレート!

ケーキは、このショートケーキ“アンリュクス”にしました。

見た目は、普通のショートケーキ。しかし、食べてみると…、「あれ、底が硬い?」
なんと底に、“ホワイトチョコレート”!甘すぎないクリームと、ホワイトチョコレートがアクセントとなり、大きめサイズですが、ペロリと食べてしまいました。

わたしが訪れた日には、まだなかったのですが、バレンタインデーにぴったりのマカロンの販売も始まったようです。数量限定なので、気になる方は、はやめにチェックしてみてくださいね。

大切な人への贈り物や自分へのご褒美に、素材だけでなく、見た目にもこだわり、丁寧につくられた、ショコラを味わいに「AN LUXE(アンリュクス)」さんへ、おでかけしてみてはいかがでしょうか。

AN LUXE(アンリュクス)
住所:愛知県岡崎市井内町字上堤11-1 グレフューレ壱番館
アクセス:JR東海道本線・愛知環状鉄道「岡崎」駅下車 徒歩約15分
TEL:0564-64-3387
営業時間:10:00-19:00
定休日:火曜日・水曜日