三河のレアな特産品が大集結!豊橋「道の駅とよはし」

国道23号豊橋東バイパス沿いにある「道の駅とよはし」。
農産物直売所「あぐりパーク食彩村」 の隣に「Tomate(トマッテ)」が新設され、豊橋初の道の駅として2019年5月にオープンした施設です。

オープン時は2日で40万人が来場し、今では三河で大人気の観光スポットとなりました。
休日はかなり混み合うため、今回は平日の早朝に1人で満喫してきました!

「Tomate(トマッテ)」内のお店紹介

「トマッテ」には、地元特産品を扱う売店や食事処があり、フリースペースも充実しています。内装は洗練されたデザインで、さながら高級サービスエリアといった雰囲気です。

まずは「トマッテ」の特産品店をご紹介します。

珍しい三河の食品が大集結!特産品処『まるっとみかわ』

並べられているのは、どれも珍しい三河の特産品。このあたりに住んでいる私でも、はじめて見る商品ばかりです。

「え、こんな商品あったんだ?!」と爆買いしたい気持ちをおさえつつ、厳選して購入した商品は下記2つです。

  • 東海漬物「きゅうりのキューちゃん」肉まん
  • 有楽製菓「ブラックサンダー」ワッフル

そのほかにも、気になる商品が大集結していました。

豊橋発コンセプトショップ!「temiyo(てみよ)」

「temiyo(てみよ)」は、豊橋の職人がこだわってつくった逸品が並ぶコンセプトショップです。

『女神のほほえみ』は、豊橋生まれのブランド米『女神のほほえみ』を使用したクラフトビールです。「インターナショナル・ビアカップ2020」で銀賞、「ジャパン・グレートビア・アワーズ2021」で金賞を受賞しました。

ビールの審査会で日本1位、そして世界2位を獲得したビールが豊橋のお米で作られていたなんて、なんだか誇らしいですね。
味はマイルドでフルーティー!お米の甘さを感じるビールでした。

「トマッテ」で焼きたてヤマサちくわが食べられる!

『ヤマサちくわ』は豊橋の名産品で、お土産としても大人気です。

ヤマサちくわの練り物で作ったおでんは、一度食べたら最後。二度とほかの練り物には戻れない、と言っても過言ではないほど、うまみが凝縮しています。

『ヤマサちくわ 道の駅店』では、1本380円(税抜き)で焼きたてのちくわが食べられます。
豊橋で焼きたてちくわが食べられるのはここだけ!
青じそ入りのちくわを購入し、さっそく焼いていただきました。

目の前でくるくる回りながらこんがり焼かれるヤマサちくわ。(焼き時間は5分程度)

口の中いっぱいに魚の濃いうまみが広がります。おいしい!
ぜひとも、イートインスペースで焼きたてを食べていただきたい。
きっと忘れられない味になりますよ!

「トマッテ」そのほかのお店紹介

そのほかにも「トマッテ」には魅力的なお店がそろっているので、すべて紹介したいのですが、今回は抜粋してご紹介します。

  • 『ジェラートサンタ』:地元の果物や野菜を使った、地産地消のジェラートが大集結
  • 『手巻きとまぶし いっしょうめし』:「牛まぶし」が有名で、「ひつまぶし」みたいに薬味や出汁で味変できる新名物豊橋メシ
  • 『和食麺処 つるあん』:豊橋のメジャーグルメ「豊橋カレーうどん」が食べられます
  • 『コッペとサンド オリーブの風』:コッペパンとサンドの店、モーニングメニューも充実

「トマッテ」内は、トイレはもちろん、イートインスペース、フリースペースも充実していますよ。

家族で来て、好きなお店でそれぞれ食べたいものを買って、イートインスペースで集合するのも楽しそうですね。

農産物直売所「あぐりパーク食彩村」

「トマッテ」の横にある「あぐりパーク食彩村」は、農産物や花を農家直送で買える直売所です。

「あぐりパーク食彩村」が基準とする安全面や食品管理の厳しさは日本トップクラス。
生産者に肥料や農薬の使用量、使用回数などの生産情報を集約した「生産履歴」を提出してもらい、食品の安全を管理するシステムをとっています。

農産物や加工品の袋には、生産者の名前が記載されています。
私たちが、安心してお買い物できるシステムになっているのですね!

トマトコーナーだけで、この充実度!
商品を紹介するポップもかわいくて、楽しくお安くお買い物できます。

店内には農産物のほかにも、地元ならではの商品がズラリと並んでいます。

  • 花、観葉植物
  • 加工食品(肉・魚・菓子・パンなど)
  • 地元調味料
  • 工芸品

市場価格を参考に、生産者が自ら値付けしているため、新鮮野菜がお安く買えます。
名古屋に住んでいる私の姉は、こちらで買い物するたび野菜の新鮮さと価格の安さに感動し、いつも爆買いしていきます。

新鮮な野菜や果物はもちろん、地元特産品が大集結している「あぐりパーク食彩村」。
観光客だけでなく地元民も日々の買い物で利用している大人気スポットです。

まとめ

以上、今回は豊橋初の「道の駅」として2019年5月にオープンした施設「道の駅とよはし」を紹介しました。

豊橋に初めて来られた方はもちろん、地元民でも豊橋の魅力を再発見できる施設です。
ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか?

道の駅とよはし
住所:愛知県豊橋市東七根町字一の沢113番地2
アクセス:
(名古屋方面から)東名高速道路 音羽蒲郡ICから約40分
(浜松・静岡方面から)豊橋東バイパス七根ICからすぐ
TEL:
0532-21-3901(野菜/産直に関して)
0532-21-3500(ごはん/お土産に関して)
営業時間:
Tomate(トマッテ)9:00-19:00(年中無休)
あぐりパーク食彩村 9:00-18:00(定休日 毎月第1水曜日)
駐車場:あり(258台)
※詳細は公式HPをご覧ください。