早起きする価値あり!珍しい魚に出会える蒲郡の「西浦鮮魚マーケット」

私は海産物を調理して食べるのが好きです。そのため、こちらの西浦鮮魚マーケットに、月に何度も足を運んでいます。

新鮮で安くてめずらしい魚が、お手頃価格で買えるので、すごく楽しいんですよ。
今回は西浦鮮魚マーケットを紹介します。

安くて新鮮な魚がいっぱい!深海魚も食べられる!

漁師さんたちが朝、獲ってきたばかりの魚たち。ものすごく新鮮です。
まだ生きた状態の魚やタコ、カニ、エビもいますよ。ピチピチです。

また、ここのマーケットでは、真っ赤な金目鯛や、ワガといった深海魚が売っています。蒲郡では深海魚が獲れるのです!

そのため、深海魚を使った郷土料理がいくつもあります。メヒカリの唐揚げ、ニギスの団子はとてもおいしいので、ぜひつくってみてください。

干物や切り身、調理済品、加工品もあり!

生の魚だけではなく、干物や切り身なども売っています。

三河湾で獲れた魚を、食べやすいサイズにしたみりん干しはとくにおすすめです。ほかにも、漁師さんが違う漁港で買い付けたマグロや、鮭などの切り身が売っています。ボイルした品や練り物なども販売していますよ。

私も家族もよく好んで食べているのは、干物です。見かけたらぜひ食べてみてくださいね。とてもおいしいですよ。

海産物を使った料理がつくりたくなる!

私は、生まれも育ちも蒲郡で、小さい頃から魚を食べて育ちました。そのせいか、海産物がすごく好きで、大人になってから自分で海産物の料理をよくつくるようになりました。

鯛が2匹で400円だったときには鯛定食を、ワタリ蟹を使ったパスタもつくったことがあります。

かなり豪華な食卓になりました。

こちらのマーケットに来ると、もっといろいろな魚をさばいて、料理をつくりたい気持ちになりますよ。

土曜日に行くのがオススメ!

西浦鮮魚マーケットは、ぜひ土曜日の朝の5時から6時半頃に行ってほしいです!
早起きは必要ですが、その価値はあります。

魚の種類も量も平日の営業より豊富で、多くの人でにぎわいます。近くの西浦漁港にたくさん車を停める場所があるのに、それでも入りきらず待ち時間が発生するほど。

停まっている車のナンバーを見てみたら、地元の豊橋や岡崎だけでなく、名古屋から来られている方がいました。遠方からも来られる方がいるなんて、本当に人気ですね。
近所の人はパジャマ姿でバケツを持って買いに来ていましたよ。

ほかの魚市場より規模は小さいですが、一般家庭でも買いやすい価格と、ちょうどいい量の魚が手に入るところが魅力的です。

マーケットにはお年寄りやご年配の方々、家族連れが多く来ていて、みなさんワクワクした顔でお買い物をされています。
時季によって出会える魚の種類が違うので飽きませんし、もしかしたらお子さんが図鑑で見ていた魚の実物が並んでいるかもしれませんよ。

魚は栄養価が高いですから、興味を持ってくれるきっかけになったらうれしいですね。
ぜひ西浦鮮魚マーケットで魚を買って、食卓で楽しんでみてくださいね。

西浦鮮魚マーケット
住所:愛知県蒲郡市西浦町前浜6
アクセス:名鉄西尾・蒲郡線「西浦駅」より車4分
TEL:0533-57-6155
営業時間:5:00-7:00と12:00-16:00(一部の店舗のみ)
定休日:水曜日と日曜日の午後