豊橋市石巻のかたくり山と周辺散策で春の訪れを感じよう!

豊橋市石巻山麓の西川地区。
豪族・西郷氏のお城があったとされる城址の斜面には、3月下旬頃よりカタクリの花が咲き始めます。

山の所有者様がご家族とともに何十年も育てられてきたカタクリの花が咲くこの山は、
かたくり山」として親しまれています。

私も幼い頃から開花時期になると、家族で毎年のように来ていた「かたくり山」。

今年も春の訪れを告げる「春の妖精-カタクリ-」に会いに行ってきました。

太陽の光を浴びて花開く!

カタクリの花は、晴れた日に朝日を浴びると花弁が開き、夕暮れになるとまた花弁が閉じてしまいます。

そのため開花したカタクリに出会うには時間が大事ですが…
日差しが届かないくもりや雨の日にも開かないままなので注意してくださいね!(笑)

午後2時。かたくり山に到着しました。
カタクリの花を見ながらお散歩スタートです!

きれいに整備された散策道を進みます。

少し雲はありましたが、気温も高く日差しはしっかりと届いていたので、
カタクリの花はきちんと開いてくれていました!

薄紫色の花がとてもきれいです!

様々な表情の春の妖精に会おう!

花弁を反り返らせ、開花しているたくさんのカタクリの花を見ていたら、

「花弁が反り返っていくときが一番きれいだから!」
と母に言われ…

ほとんど目覚めていない状態で、早朝散策していた幼い頃を思い出しました(笑)。

それでも花弁が閉じて下を向いているカタクリの中から、
開花していく姿を見つけて観察するのが楽しかったのを覚えています。

花弁が閉じたカタクリに朝露が光っていたのもキレイでしたね。

今日の妖精は薄紫色の花弁に太陽の光が透き通り、キラキラと輝いていました。
その可憐な花たちはとても美しく、心が癒されました。

時間を変えて訪れると、カタクリの様々な魅力ある表情を発見できて楽しいです。

カタクリの花を見ながら歩いていると、あっという間に頂上です(笑)。

山にはカタクリの花だけではなく、たんぽぽや色々な春の野草を見つけることができます。

心地よい風が吹き木々が揺れ、春の日差しが降り注ぐのんびりとした空間がとても気持ち良かったです。

桜や木蓮の花も満開で、周辺散策もしてみました。

5色の花が咲く!大福寺の五色椿

鳥の声を聴きながら、かたくり山の散策道をそのまま奥に歩いて行きます。
道が細くて不安になりますが、少し歩くと「大福寺」にたどり着きます。

大福寺の境内にあるのは…推定樹齢350年以上のオトメツバキ。
1本の木から5色の花が咲く「五色椿」です。

すでに散ってしまったツバキも、まだ蕾のツバキもありました。
全色をはっきりとは確認できなかったですが、色とりどりのツバキがステキでした。

開花時期は3月下旬から5月上旬ということなので、訪れる時期によって見られる色が変わりますよね。

次は全色見られたらいいなと五色椿に別れを告げ、
のどかな風景の中、そろそろお散歩も終わりです。

涼しい風が吹く!郷道川の滝

気軽なお散歩を楽しんでいたのですが、歩いているうちに少し汗ばんでしまいました。

暑いな…と思いながらも「郷道川の滝」に立ち寄って帰ることにしました。

滝を眺めていると…「涼しい!?」

水の力はすごいです!
涼しい風を感じた瞬間、一気に汗が引きました。

おかげですっきりしてお散歩ゴールです(笑)。
たくさんの春を味わうことができた、約1時間のお散歩でした!

晴れた日に春の妖精とともに周辺散策をしながら、のんびりと春の訪れを感じるお散歩を楽しまれてはいかがでしょうか。

かたくり山
住所:愛知県豊橋市石巻西川町字城山
アクセス:JR飯田線・東海道本線・名鉄名古屋線 豊橋駅東口発 豊鉄バス豊橋和田辻線 西郷小学校前バス停下車 徒歩約25分
TEL:0532-51-2430(豊橋市役所産業部観光振興課)