自然が映える水面と色とりどりのしょうぶ!田原「初立池公園」

田原市の水源である、宇連ダムや大島ダムから放流された豊川用水は、約100㎞の水路を流れる旅を終え、最終調整池である、“初立池”に流入し、渥美半島の農業を支えています。

その“初立池”に、愛知県の水環境整備事業として整備された公園が、「初立池(はつたちいけ)公園」です。しょうぶ園やさくらのプロムナード(散策道)、芝生広場などもあり、訪れる人々の憩いの場所となっています。

田原市のホームページに、しょうぶ園の花しょうぶが、「ほぼ満開で見ごろを迎えた」という開花情報が載っていたので、花しょうぶを見に行きました!

公園へ向う道路を車で走っていると、「はつたちいけ」の堤体文字が出迎えてくれますよ。

自然が映える、美しいため池

初立池周辺の静寂な景観は、平成22年に「ため池百選」(農林水産省)に、初立池の夕ぐれが「美しい愛知づくり景観資源600選」に選定されています。
「親水デッキ」からの初立池の眺め。

ため池の穏やかな水面と高い空。山や風力発電の風車も遠くに見え、静けさとその雄大さが気持ちを落ち着かせてくれますね。

ため池のすぐとなりには、「じゃぶじゃぶ池」とよばれる小さな池があり、池の水は透き通っていて、まるで鏡のように、空に浮かぶ雲や池のまわりの木々を映し出していました。

そこで気持ちよさそうに、お花のボートが浮かび、鏡のなかの世界でもぷかぷかしている姿がとてもかわいかったです。

色とりどりの花しょうぶ

園内3ヶ所にある「しょうぶ園」では、棚田を利用して、全体で約12000株の花しょうぶが栽培されています。色とりどりの美しい花しょうぶが咲きほこっていました。

しょうぶ園から池のほうを見下ろすと、花しょうぶと池がマッチした風景が広がります。
散策路も整えられているので、間近で花を観賞することができますよ。

しょうぶ園では、管理の方々が作業していました。毎朝、枯れた花を摘んで、一番いい状態で見てもらえるように、手入れされているそう。この美しい花たちを見られるのは、こういった管理がきちんとされているからこそですね。とてもありがたいです。

しょうぶ園を後にして、「健康の道」へウォーキングに向かいました!

「健康の道」をウォーキング!

初立池のまわりは、「健康の道」という、一周約2.4kmのウォーキングコースが整備されています。朝の澄んだ空気を感じてのお散歩は、気持ちがいいですよ。さくらが咲く時期もステキな散策道ですが、緑に囲まれた道も清々しいです。野草や昆虫。さまざまな鳥の鳴き声も聞こえて、自然観察もできるので、お子さんといっしょに楽しいウォーキングができそうですね。

ため池のまわりを歩いていると、見る方向や時間によって変わる、表情豊かな池に出会うことができます。健康の道のゴールまで、残り約300mの場所。その表情に惹かれて、思わず写真を撮ってしまいました。

静寂に包まれた、空・水・光が混ざり合う、幻想的な空間。その場にいるだけで、癒しの時間がそっと流れます。
満開の花しょうぶを満喫し、自然に囲まれた、約1時間のウォーキング。いい運動にもなって、さわやかな朝を迎えることができました!
四季折々の自然の豊かさを感じることができる、「初立池公園」。花が咲く時期、咲かない時期でも、水面が輝く、憩いの場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

初立池公園
住所:愛知県田原市堀切町
アクセス:東名「豊川IC」より車で約80分
豊橋鉄道渥美線「三河田原」駅下車 車で約40分
TEL:0531-33-1111(田原市渥美支所地域課)