新城市の桜の名所「桜淵公園」で楽しもう!

天竜奥三河国定公園の南玄関となる場所に位置する「桜淵公園」。

常に多くの方が利用しており、休日になるといつもにぎわっています。

春になり桜の舞う季節になった公園へ遊びに行ってきました!

満開の桜を楽しんでお花見しよう!

「桜淵公園」は、新城城主・菅沼定実が植樹したのが始まりと言われる、由緒ある桜の名所で、桜の花が見ごろを迎えると、たくさんの人がお花見に訪れる人気のスポットです。

今年は、毎年3月中旬から4月中旬にかけて開催される「新城さくらまつり」が中止となり、例年よりも訪れている方が少ないような気がしました。

とはいうものの…私が行ったのは休日のお昼。

公園内には、約700台の駐車場がありますが、中央のスペースはほぼ満車の状態で、遠方から来られている方もいらっしゃいました。

最寄駅からは少し距離があるので、普段からほとんどの方が車で利用されますが、歩かれる場合は、東新町駅の利用がおすすめです。

駅から公園方面に向かってまっすぐ歩いていくだけなので、初めての方でもわかりやすいと思います。

それでは早速、お花見に向かいます!

皆さん花見をしながらお弁当を食べたり、お散歩をされたりしていました。

そんな姿から楽しさが伝わってきて、こちらまでウキウキした気分になります!

公園にはあちらこちらで桜が咲いており、どこを歩いていても花見を楽しむことができます。

桜と淵のコラボレーション!

桜の花を楽しみながら、公園内を流れる豊川にかかる橋を目指し歩いて行くと、

「桜淵公園」の名前のとおり美しい「桜」と「淵」に出会うことができます。

ゆっくりと流れる川の淵に咲く桜。

橋から眺めると「桜」のピンクと「淵」のエメラルドグリーンが織りなす「癒しのコラボレーション」を見ることができます。

その淡くやさしい色の素晴らしい景色は、心を和ませてくれます。

今年は夜のライトアップが中止となってしまい残念でしたが、例年は夜桜見物を楽しむことができます。
夜桜もまた雰囲気が変わってきれいですよね。

ボート貸し出しも行われており、川から花見を楽しんでいる方もいらっしゃいました。
とても気持ちが良さそうで、機会があったらボートで楽しんでみたいです。

公園でお好みの場所を見つけよう!

ウォーキングやピクニックなど、公園の敷地は広く、桜の季節でなくても、どなたでも楽しめる場所・方法が数え切れないほどたくさんあります!

私は休日に、よくお弁当を持って公園を利用します。
外でごはんを食べるといつもよりごはんがおいしく感じて、気持ちいいですよね。

こちらは芝生広場です。

芝生の上を歩いているだけでも気持ち良いですし、釜屋建民家を見学することもできます。

レジャーシートを敷いて、遠くの山々を眺めながらゆっくり過ごすのもおすすめです。

朝のウォーキングにも最適!

午前7時半。この日は朝のお散歩に来ました!

朝はひんやりと澄んだ空気の中、木々の下をとても清々しく歩くことができます。

休日でしたが、朝は比較的利用されている方が少なく、自分のペースで歩くことができ、いろいろな場所でお散歩を楽しむことができました。

こちらは、大芝生広場です。
私が小さい頃はプールだったのですが、2020年3月に芝生広場に生まれ変わりました!

きれいに整備された芝生のまわりを周回しながらウォーキングできて、とても気持ちがよかったです。

プールだったときよりも気軽に楽しめる場所になったように感じました。

ひらひら舞い落ちる桜の花びらも美しく、気持ちの良い朝を過ごすことができました!

さまざまな魅力のある「桜淵公園」。

季節や時間によって変わる風景を楽しみながら、公園を利用してみてくださいね。

桜淵公園
住所:愛知県新城市庭野字八名井戸
アクセス:JR飯田線 「新城」駅又は「東新町」駅下車 徒歩約15分
電話:0536-29-0829(新城市観光協会)