400本もの桜が満開!刈谷市のお花見スポット「亀城公園」

近ごろは春の陽気がぽかぽかして気持ちいいですね。散歩するのにちょうどいい季節になってきました。3月末に聞こえてくる桜開花のニュースもいつも楽しみです。

今日は毎日のお散歩や、桜の季節に訪れるのにもおすすめの、刈谷市城町の「亀城公園」をご紹介します。

「かめしろ」公園と読みがちですが、正しい読み方は「きじょう」公園。刈谷城址に作られた公園で、刈谷城の別名が「亀城」だったことが公園の名前の由来です。

亀城公園は、刈谷市井ケ谷町にある洲原公園とともに毎年「刈谷桜まつり」が開かれるほど、刈谷市の桜の名所として有名です。

アクセスするには刈谷市の無料バス「かりまる」が便利!

亀城公園の最寄り駅は、刈谷市の無料バス「かりまる」の6系統 東刈谷・逢妻線「刈谷市体育館」です。バスを降りるとすぐ公園が見えます。

JR東海道本線の逢妻駅と名鉄三河線刈谷市駅から歩いていくこともできます。逢妻駅からは徒歩約16分、刈谷市駅からは徒歩約13分です。広い駐車場も完備されているので、車で行くことも可能です。

普段使いの公園としてとってもおすすめ

亀城公園は、毎日の散歩や遊びに行く公園としてとてもおすすめです。子どもが走り回れる広場や鉄棒、すべり台などの遊具もあり、体を動かしたいお子さまにはぴったりです。

平日は学校終わりの子どもたちがよく遊んでいます。さらにはオスのクジャクも飼育されており、運が良ければ美しく羽を広げた姿が見られます。

トイレも複数設置されています。きれいなので安心して使えました。喉が渇いたときは園内の自動販売機でお茶やジュースを買うこともできます。

桜の季節はどこを見ても満開の桜でいっぱい

桜の時期に公園に行くと、約400本ものソメイヨシノが迎えてくれます。

広すぎず狭すぎず、花見や散歩をするにはちょうどよい広さの公園は、どこを見ても満開の桜、桜、桜!思わずため息が出ます。

令和4年3月25日(金)~4月6日(水)まで刈谷桜まつり開催

今年、令和4年は3月25日(金)~4月6日(水)まで「刈谷桜まつり」が開催されています。たませんなどの食べ物や宝つりなどの屋台がいくつも出ており、とてもにぎわっていました。ベンチに座って屋台で買ったものを食べながらのんびり桜を見ていると、とても気持ちがよく、リフレッシュできたと思います。

4月2日、3日の週末には子ども向けのイベント「わくわくクイズラリー」も開催されていました。

公園内は若いカップル、親子、夫婦、友達同士など幅広い年代の人でいっぱいでした。公園を一周できる散歩道がありますが、園内の道の幅が広いため、ベビーカーでも問題なく通れるのはうれしいポイントです。

また、鯉や亀が泳いでいる大きな池もあります。池にかかる赤い橋は撮影スポットとなっており、ランドセルを背負った新一年生の子どもたちが笑顔でポーズを取っていたのが印象的でした。

桜まつりの時期の駐車場は混雑するので注意!

桜まつりの最中は、平日でも公園の駐車場はいっぱいになります。車でお花見に来た人は、臨時開放されている近隣の刈谷市体育館や歴史博物館の駐車場にも車を停めることができます。空いているスペースまで警備員さんが誘導してくれたので、慌てることなく停められました。休日には臨時の駐車場もいっぱいになることがあるので、できるだけ公共交通機関で行くことをおすすめします。

お花見にも普段使いの公園としても非常におすすめの亀城公園に、ぜひ足を運んでみてください。

亀城公園
住所:愛知県刈谷市城町1-1-1
アクセス:公共施設連絡バス「かりまる」6系統東刈谷・逢妻線「刈谷市体育館」バス停下車徒歩1分
     名鉄三河線 「刈谷市駅」徒歩13分
     JR東海道本線「逢妻駅」徒歩16分

刈谷桜まつり
開催日:令和4年3月25日(金)~4月6日(水)
露店出店時間:9:00ー17:30
開催場所:亀城公園・洲原公園
連絡先:070-1483-5699(刈谷桜まつり事務局)